title画像  

唄武者HEYMAの寄せましょ

「輝け!?2008年ボクのアカデミー大賞!!…」で、寄せましょ。

 この1年間(08’)で50本の映画を見てやろう。そう自分に課していたのだ。
クリスマス直前の休日、ついにその本数に達する。まずは50本の作品名を月別ごとに紹介しよう。


☆1月
ショーシャンクの空に
カオス
ブラッドダイアモンド
シルク*
ハンニバルライジング

☆2月
インサイドマン
アース*
アメリカンギャングスター*
ニキータ
ナチョリブレ
ラストコーション*

☆3月
ノーカントリー*
アメリカを売った男*

☆4月
ホリデイ
バートンフィンク
エターナルシャンシャイン
リトル・ミス・サンシャイン
男はつらいよ(2話)

☆5月
男はつらいよ(6話)

☆6月
ラスベガスをぶっつぶせ*
ミスト*
リボルバー*

☆7月
アモーレスペロス
ビバリーヒルズコップ
ギャング・オブ・ニューヨーク

☆8月
ハプニング*
マルコビッチの穴
ダークナイト*
イルマーレ
バットマンR
バットマンビギンズ

☆9月
ハンコック*

☆10月
アイアンマン*
バンテージポイント

☆11月
ゾディアック
おくりびと*
ラストワルツ
オーシャンズ13
クローバーフィールド
キル・ビル2
プラダを着た悪魔
P.S アイラブユー*

☆12月
ミーン・ストリート
スターウォーズU
スターウォーズV
プライベートライアン
フレンチコネクション
シャイン・ア・ライト*
モーテル
ワールド・オブ・ライズ*
ウォーリー*

(*印=劇場観賞作品)


 映画館で見た今年の新作は18本。DVD購入やレンタルで見た旧作が33本。
合計51作品。ボクの知人に年間3、400本チェックしている猛者がいるが、
この「51」という数字は少なくはないと思う。月別で傾向がまるで違うのが面白い。

 映画を一度見出すと中毒症状になる。だから本数の多い・少ない月がハッキリとしているのだ。
さて、18本の新作から、個人的に印象深い“傑作”を紹介しようと思う。
その基準は、ボクの胸に響いたかどうかが全て。あくまで私的感想なので気楽に読んでいただきたい!


◆荻野 平馬が選ぶ「2008年優秀作品賞」その3作品は・・・


「おくりびと」
「ウォーリー」
「ダークナイト」


 邦画がここに入っていることが嬉しい限り!滝田監督のセンスの勝利といえる。
伊丹作品に通じる作風。淡々とした、実に日本人らしい、日本人が得をする映画が、「おくりびと」だった。
その対極な位置にいるのは「ダークナイト」である。とにかく規格外のスケール。

アクションシーンの迫力は類をみない。しかし単なる“勧善懲悪”ではないのがミソ。
ボクはジョーカー(ヒース・レンジャー)に肩入れをしたほどである。ヒースの怪演に拍手。
早すぎた死が悔やまれる。さて、ボクの今年ナンバー1は、同点で「おくりびと」と「ウォーリー」。

 この2作品で決まりだ!ウォーリーがまさかこんなに凄いとは夢にも思わなかった!!
久しぶりに泣いた。しかも劇中3回も!最近の映画はセリフが多すぎる。説明的な世界って野暮なんだよな。
驚くべきは「ウォーリー」だ。冒頭から3、40分セリフなし。それが良かった。斬新だった!


◆荻野 平馬が選ぶ「2008年優秀俳優賞」その3名は・・・


ヒース・レンジャー
山崎 努
ラッセル・クロウ


 ヒース死亡(薬物過剰摂取)のニュースは驚かされた。これからの役者だっただけに、
残念無念である。けれど死んでしまったらそれまで。この世にいなければ新しい世界はないのだ。
そうなると、「おくりびと」の山崎 努は偉大である。あの黒澤作品から一線で活躍しているのだから。

納棺会社の社長役には脱帽した。多くを語らずの設定も功を奏したといえる。文句なしのナンバー1。
ラッセル・クロウは、パチーノ&デ・ニーロの後がまといえる“役者バカ”。場面が一瞬にして締まるのだ。
「アメリカン・ギャングスター」での刑事役は、ラッセルだから演じきれたとボクは思っている。


 とにかく映画は素晴らしい。もちろん当たり外れはある。しかしこの“当たり”に巡り会った時の嬉しさ。
それはもう気分最高!平坦な日常に抑揚が生まれ、乾いた日々が潤うのだから。
こんないいことはないよ!また来年も“映画時間”をきっちりと設けるつもりである。ご静聴に感謝。



※ちなみに「最低作品賞」を1つ。こちらはぶっちぎり(笑)。


「リボルバー」


です!ご注意くだ…いや、あえて見るのもいいかもね。良かったという方がいたら、ぜひ御一報を(笑)。





        ライブ情報        
[東京公演]
遊戯搾りまつり45
~ワンマンLIVE~
高田馬場「四谷天窓」
2019.09.15(sun)
13:30op/13:45st
2000yen+drink

祝!結成15年周年!
え?マジ?確認したら
「結成16年」だとさ。
1年遅れの記念LIVE!

(予約)
h72ogn@gmail.com



 
Copyright(c) pienopieconvert All Rights Reserved.  
since 2003.2.1-2008.
2ndミニアルバム「祭祭祭祭祭」 (GDM1002)発売中!

残り少なくなりました。再プレス予定はありません。お早めに!!

価格=¥1000(税込み)
レーベル=ジャイアント・ディスク・ミュージック
品番=GDM−1002

@アラビアの唄
A(叱咤激励)ドック・オブ・ベイ
B東京音頭
C帰り道
DDjembe急行

全5曲入り!
タワレコ、HMV、ディスクユニオン、新星堂、アマゾン、などで発売決定!

【English(Chicago tour)】
myspaceにアメリカ仕様のサイトを開設しました。
こちらからチェックしてみて下さい。



グッズ・CDの販売始めました。
詳しくは下のリンクのGOODSをチェック!!

【Check it!】
大好評!!毎日更新!!
『日誌パワーステーション』&月イチ更新!!ばく進中!!コラム『唄武者平馬の寄せましょ』
毎日毎月読みましょーっ!!!




|演者紹介| |音源| |写真館| |コラム| |五百字日報| |平馬競馬| |公演予定| |公演履歴|
  |GOODS| |活動履歴| |ご予約| |TOP| |過去日誌|