title画像  

唄武者HEYMAの寄せましょ

「シカゴでドタバタ!!米国巡業〜奮闘記/其の弐!」…で、寄せましょ。

 フェス出演の翌朝。またあのデカイ歯ブラシでゴシゴシと歯を磨いていた。



 昨日は、盆と正月がいっぺんにきたような1日。それにしても驚くべきことが幾つもあった。
まず本番終了後、ステージ袖で1人の日本人女性に声をかけられる。
予定されていた新聞社の取材。その記者の方だと思っていたのだが・・・

 「伊豆新聞見て来ました」

 は?まさかシカゴでそんなローカルな単語を聞くとは思わないボク。
え??一瞬頭が混乱してしまう。再度、その女性に聞き返した。

 「私は下田市に住んでいます。前からこちらに来る予定になっていたんですが、
新聞を見たらネイビーピアでやられるとかで、思いきって来たんですよ」

 マジっすか!その方は土屋さんという。たしか舞台俳優をしてらっしゃるとか。
明日はまた飛行機に乗って違う州に渡るという。びっくりしたな〜。
まさか、まさか、地元民と遭遇するとは思わないよぉ!

 それと、東京からもわざわざパイのライブを見に渡米してきた人も。
バビロン佐藤さんである。3泊5日のベリータイトな日程。
デトロイト経由→シカゴ深夜到着。帰路は早朝なんだって?信じられな〜い!

 活動日数は2日間。つまり48時間である。ライブ前日の夜、
彼は這々(ほうほう)の体で現れた。車が忽然と姿を消した時のボクら以上に、
血の気が失せたような青白い顔。たこすに土産を届けに来たという。

 鞄から取り出された品物は、なんと「政権交代饅頭」だった!
佐藤さん、ウケ狙いだろうが、軽くすべってたよ(笑)。
フェス翌日の朝7時、またまた飛行機を乗り継いで日本に帰っていった(!)。

 土屋さん、佐藤さん、どうもありがとう!!後日談をぜひ聞かせてほしい。


 本番を無事に終えたパイのメンバーは、特別マネージャーのライアン&サラ、
そしてライ君の家族、友人のウッディと打ち上げをやる。
「エールハウス」というビアパブ。ボクの隣の席に、たこすが座った。

 「平馬さん、すごい偶然があったんですよ。ちょっとありえないような」

 なんだい?ボクは興味深く彼女の話し声に耳を傾けた。

 「パイのメンバー登場時に流したSEに手違いがあったでしょ?
ほんとはCDの8曲目『おてもやん』だったのに、
アホPAが『黒田節』をかけちゃった」

 そうそう。ちゃんと紙にM8と書いたのにな。ま、いいじゃないの?

 「いやいや、その黒田節が引っかかったんですよ。ワタシ的に。
この曲ね、先月亡くなったおじいちゃんの十八番。たぶん一番愛した曲だと思う。
んで、ライブ中に踊っていたアメリカ人のお爺さんがいたじゃないですか?」

 うん、いたいた。若い人に手をひかれながら。離れていたけど目立っていたよ。

 「えぇ。その方が疲れてきた気配をサラちゃんが感じとって、
気を利かせて椅子を用意してあげたらしいんですよ。
けど、そのお爺さんは一度もそこに座ることはなかった」

 それでそれで?

 「ライブ中盤に人がどばっと集まり出して席が埋まったのに、
その椅子には終わりまで誰一人座らなかったんですって。
ワタシ、亡くなったおじいちゃんが見に来たとしか思えないです。」

 うん。そうだね。それ、おじいちゃんだよ。


 たこすは目にうっすらと涙をためながら、淡々とこのエピソードを話してくれた。
不思議な偶然が2つも重なった。いや、3つ目がある。
それは、おじいちゃんが亡くなった命日。8月15日。この日はボクの誕生日だ。

 祭りとは、つまりは“そういうこと”なのである。あの世とこの世の架け橋。究極の無礼講。
おじいちゃん、安心してあの世へ行って下さい。あなたの孫は立派な「祭人」になりました!
この日は、単なるライブというだけにとどまらなかった。


 …ボクは眠気眼で歯を磨きながら、しばらく昨日という1日を反芻(はんすう)していた。
この翌日の日曜日。シカゴ滞在の最後の日。車で約1時間のところにある「ニーナ」へ。
ワンマンライブを行う。帰国ド直前。思いきり盛り上がって帰ろう。


 次号をお楽しみに。




        ライブ情報        
[東京公演]
遊戯搾りまつり45
~ワンマンLIVE~
高田馬場「四谷天窓」
2019.09.15(sun)
13:30op/13:45st
2000yen+drink

祝!結成15年周年!
え?マジ?確認したら
「結成16年」だとさ。
1年遅れの記念LIVE!

(予約)
h72ogn@gmail.com



 
Copyright(c) pienopieconvert All Rights Reserved.  
since 2003.2.1-2008.
2ndミニアルバム「祭祭祭祭祭」 (GDM1002)発売中!

残り少なくなりました。再プレス予定はありません。お早めに!!

価格=¥1000(税込み)
レーベル=ジャイアント・ディスク・ミュージック
品番=GDM−1002

@アラビアの唄
A(叱咤激励)ドック・オブ・ベイ
B東京音頭
C帰り道
DDjembe急行

全5曲入り!
タワレコ、HMV、ディスクユニオン、新星堂、アマゾン、などで発売決定!

【English(Chicago tour)】
myspaceにアメリカ仕様のサイトを開設しました。
こちらからチェックしてみて下さい。



グッズ・CDの販売始めました。
詳しくは下のリンクのGOODSをチェック!!

【Check it!】
大好評!!毎日更新!!
『日誌パワーステーション』&月イチ更新!!ばく進中!!コラム『唄武者平馬の寄せましょ』
毎日毎月読みましょーっ!!!




|演者紹介| |音源| |写真館| |コラム| |五百字日報| |平馬競馬| |公演予定| |公演履歴|
  |GOODS| |活動履歴| |ご予約| |TOP| |過去日誌|