title画像  

唄武者HEYMAの寄せましょ

「“8”とは万物流転の数字なり!」…で、寄せましょ。

1972年8月15日。ボクは生まれた。
誕生月が“8”だからか、この数字に愛着がある。



また“0”という区切りに向けて、思いを募らせたりするのだ。
自分の年齢が10、20、30、40代にさし掛かる手前の時である。
今年で38才。あと2年でヨンジュウ。一般的に完全無欠のオヤジといえる。


8才。ボクは一刻も早く10才になりたかった。とにかく早く。
小学校の6年間は、どうしようもないくらい時間の流れを遅く感じていた。
“子供ながらに”と、簡単に言いたはくない。あの時代は退屈の極みである。不毛だ。


18才。高校3年生。10年前とは真逆。時間が止まればいいのにと思っていた。
あっという間に高校生の3年は終わった。音楽に目覚めたのが1番デカかった。
過剰な期待を胸に上京し、思いっきり現実の壁にぶち当たったのもこの頃だ。


それから10年間は小さい山の上り下り。困ったのはそのアップダウンが急坂だったこと。
28才。ボクは30代をどう生きていくかという気持ちになっていた。
ところが、20代前半の傍若無人生活の代償からなかなか抜け出すことができない。




借金である。消費者金融から百数十万円の借り入れがあったのだ。
これを完済するのに10年以上を要した。毎月利息だけ払いつづけるしかない状態。
金なんかすぐ返せると思ったのが大間違い。だが、人には一切口外することはなかった。

惨めな気持ちだけにはなりたくなかったからだ。完済した時、ボクは1人で祝杯をあげたっけ。
まぁそれはどうでもいい。新しい事をするしかない。そう思ったのは28才である。
翌年。某ライブハウス。数年ぶりにミヤウチ君と遭遇したことで、より現実味が増した。



30才直前。ザ・パイのパイ(パイのパイコンバート)をスタートさせる。
しかし、バンドの醍醐味を噛みしめつつも、ボクに降りかかる試練は途切れることはなかった。
肺塞栓症という病を患い、道端で意識喪失。入院。その3年後の冬、今度は交通事故で顔面骨折。

入退院を繰り返すことに。カムバックも危ぶまれた時期も、わずかながらあった。
しかし、パイは休止することなく進む。ボク抜きで活動してくれたのだ。
当時のメンバーには頭が下がる。いや、むしろボクがいない状況を楽しんでいたようにも・・・(笑)。




とにかく変わったのはその時代にある「山」だ。形状、起伏、環境である。
若かりし時分の山とは様相が変化した。アップダウンも緩やかになったと思う。
あの幾つもの小山は少しずつ統合され、大きなものになっていったのだ。

不可抗力的に暮らしも激変した。なにせ都内から、実家のある伊東へ仕事を移したのだ。
月に2、3回の週末を東京で過ごす。完全な2重生活ってやつ。
それをまたボクは楽しんでいる。いつまでつづくのかわからない危うさはあるけれど。




借金は消えたが、世の同年代の人たちとは比べものにならないほど不安定だと思う。
しかし、自分のココロが安定というものを最優先にしていない。
もはや最近になると、何が安定で、どんなことが不安定なのかわからなくなってきている。

むしろ大金を持っていないことをよしと思っているのだ。
タイガー・ウッズをみよ!夜のダブルボギー。いや、トリプルボギーか?
だから家庭が“池ポチャ”になったろ。ざまあみろである。

変な儲け話で大損したり、保証人になって地獄をみているのは、みんな金持ちではないか。
ギャンブル?夜な夜な盛り場に繰り出す?休日はゴルフ三昧?ボクは何も興味がない。
かといってストイックとも違う。欲はある。ただ、欲の質量が人と違っているだけなんだろう。




さて、例の「ヨンジュウ問題」である。

この年代になれば、過去にない深い悲しみも味わうことになるだろう。
死に別れもあるかもしれない。自分がよかれと思っていたことも、そっぽを向かれたり。
あるいは、想像しえない出来事や展開が巻き起こることだって、きっとあるはずだ。

そんな時、オロオロと狼狽したくない。感性が信じられなくなるのもイヤだ。
ゴルフはやらないけれど、あえて喩えていうならば、“パー”で十分。
ホールインワンだけを狙って生きるのが、男の人生だとは思わないのである。

金なんかほどほど稼げれば満足なんだ。宴会と格闘技観戦ができればいい。
音楽で一攫千金を狙うマネだけはしたくはない。それをやったら、自分の音楽ができなくなる。
タイガー・ウッズを引き合いに出して申し訳なかったが、寅年だから許してほしい。




何はともあれ、38才になるこの2010年。
虎視眈々。「8」は末広がりの意味を持つ。

縁起よし!
景気よく!
笑いとばせ!

“一日一笑”の精神で、ボクはボクの欲求にこたえていくだろう。



そう。高貴な俗物としてね。





        ライブ情報        
[東京公演]
遊戯搾りまつり45
~ワンマンLIVE~
高田馬場「四谷天窓」
2019.09.15(sun)
13:30op/13:45st
2000yen+drink

祝!結成15年周年!
え?マジ?確認したら
「結成16年」だとさ。
1年遅れの記念LIVE!

(予約)
h72ogn@gmail.com



 
Copyright(c) pienopieconvert All Rights Reserved.  
since 2003.2.1-2008.
2ndミニアルバム「祭祭祭祭祭」 (GDM1002)発売中!

残り少なくなりました。再プレス予定はありません。お早めに!!

価格=¥1000(税込み)
レーベル=ジャイアント・ディスク・ミュージック
品番=GDM−1002

@アラビアの唄
A(叱咤激励)ドック・オブ・ベイ
B東京音頭
C帰り道
DDjembe急行

全5曲入り!
タワレコ、HMV、ディスクユニオン、新星堂、アマゾン、などで発売決定!

【English(Chicago tour)】
myspaceにアメリカ仕様のサイトを開設しました。
こちらからチェックしてみて下さい。



グッズ・CDの販売始めました。
詳しくは下のリンクのGOODSをチェック!!

【Check it!】
大好評!!毎日更新!!
『日誌パワーステーション』&月イチ更新!!ばく進中!!コラム『唄武者平馬の寄せましょ』
毎日毎月読みましょーっ!!!




|演者紹介| |音源| |写真館| |コラム| |五百字日報| |平馬競馬| |公演予定| |公演履歴|
  |GOODS| |活動履歴| |ご予約| |TOP| |過去日誌|