title画像  

唄武者HEYMAの寄せましょ

「暖かくなったのでレコーディングしました」…で寄せましょ

3月某日。都内スタジオでレコーディング(以下、レコ)をした。
昼に集合してスタジオに入る。最初の1時間でウォーミングアップとマイクのセッティングをした。
「お馬鹿様サマ」から開始。しばらくテイクを重ねていたら、
エンジニアから唄も一緒に録音しましょうとの提案があった。
事前ミーティングでは唄入れは別にと予定したが・・・。
正直迷う。
しかし、その案に飛び乗る事にした。迷ったら飛べ!である。まさに一発中の一発録り。

通常レコでは「ドンカマ」といって、電子メトロノーム(クリック)音をヘッドフォンで聴きながらプレイするものだが、
俺はこいつをあまり好まない。
曲の中にはテンションの上下が必ずあるわけで、当然鼓動が早くなったり遅くなったりする。
ドラマーとしても言わせてもらえれば、差し詰め「人肌感」は、
この呼吸や心拍数で「揺れている」時に感じとれると言っていい。
だから個人的に好むアルバムに、LIVE盤が多いのはそんな理由があるからだと思う。
なのでメンバー全員「ノークリック」でやってもらった。
それとあえてレコの時間は短く設定した。
これは「鮮度」を大事にしたかったからだ。
ハンパに時間をかけてもロクな作品にはならない。
そりゃ1ヶ月間毎日スタジオに入れれば話は別だがね。

ついでに言えば、メッセージは1ミリも無い。 メッセージが無い事がメッセージなのか? 
「悲劇の極地は喜劇なり」俺の好きな言葉だ。
「さよならだけが人生だ」ってのもいい。
この世は地獄であり天国でもある。
自分に絶望しているし、希望も持っている。
死んでしまいたいし、生き続けてもいたい。
この相反する(表裏)世界が、今回レコしたすべての曲に注入され、存在しているはず。
 メッセージとしてではなく、質感としてキャッチしてもらえるとうれしい。

ちょいと抽象的な話になったので、最後に確かな事も記しておく。
今回発売されるCDのキャップ(帯)のコピーを紹介しよう。

   「鼻唄は裏切らない。」
皆さん完成を楽しみに。



        ライブ情報        
[東京公演]
遊戯搾りまつり45
~ワンマンLIVE~
高田馬場「四谷天窓」
2019.09.15(sun)
13:30op/13:45st
2000yen+drink

祝!結成15年周年!
え?マジ?確認したら
「結成16年」だとさ。
1年遅れの記念LIVE!

(予約)
h72ogn@gmail.com



 
Copyright(c) pienopieconvert All Rights Reserved.  
since 2003.2.1-2008.
2ndミニアルバム「祭祭祭祭祭」 (GDM1002)発売中!

残り少なくなりました。再プレス予定はありません。お早めに!!

価格=¥1000(税込み)
レーベル=ジャイアント・ディスク・ミュージック
品番=GDM−1002

@アラビアの唄
A(叱咤激励)ドック・オブ・ベイ
B東京音頭
C帰り道
DDjembe急行

全5曲入り!
タワレコ、HMV、ディスクユニオン、新星堂、アマゾン、などで発売決定!

【English(Chicago tour)】
myspaceにアメリカ仕様のサイトを開設しました。
こちらからチェックしてみて下さい。



グッズ・CDの販売始めました。
詳しくは下のリンクのGOODSをチェック!!

【Check it!】
大好評!!毎日更新!!
『日誌パワーステーション』&月イチ更新!!ばく進中!!コラム『唄武者平馬の寄せましょ』
毎日毎月読みましょーっ!!!




|演者紹介| |音源| |写真館| |コラム| |五百字日報| |平馬競馬| |公演予定| |公演履歴|
  |GOODS| |活動履歴| |ご予約| |TOP| |過去日誌|