title画像  

唄武者HEYMAの寄せましょ

「馬に馬乗りされた男の物語」…で、寄せましょ。

わかってますヨ。

自分が“普通”や“一般”とは違うタイプの性質だってことくらいは。


しかしね、世の中にはいろいろな人がいる。今年の夏休み、それを思いきり痛感した。
8月13〜17日の5日間、ボクは沖縄へ行った。完全プライベートな一人旅。
しかしそれは飛行機の中だけ。那覇空港に玄米コージ(ジャンベ)さんが車で迎えに来てくれた。

彼は東日本大震災をきっかけにうるま市「宮城島」へ家族丸々移住したのだ。
去年6月、ザ・パイのパイ初の沖縄ライブで一緒してから、玄さん宅へ行く話が持ち上がっていた。
辺境地と言ったら大袈裟かもしれないが、那覇市から車で90分もかかるエリア。

絶景。もうそれは見る景色の1つ1つに声をあげた。海育ちのボクであるが、透明度がケタ違い。
海底道路を抜けると、うっそうと木々生い茂る小道をうねうねとひた走る。
いるよ、います。大量のハブが。数十万、いや百万匹以上はいるかもしれない。

港の近くに玄米さんの住む家があった。えっ!!ここに家族5人が住んでるのーっ??
テレビでよく見る古民家。クーラー無し。風呂場は離れ。その隣に豚小屋がある。
玄関正面に巨大な仏壇。とうぜん移住者だから仏様はない。何とそこにギターが一本置いてあった。



んで、いきなり旅の総括をする。毎日〃海へ行って、幾つものビーチをハシゴした。
舟で沖まで出て「タコ漁」に参加。地元漁師の皆さんと呑んだ。
15日は誕生日。玄さん一家に祝ってもらったり、ある漁師さんから貴重な泡盛をいただいた。

海底に5年間も寝かせておいたレアな島酒。最終日には友達の希音ちゃんとも逢えた。
すべての事を書き綴ったら枚挙にいとまがない。あえて一番大きく驚いた事を抜粋する。
ここで冒頭部に繋がる。ボクは人様より呑気に、また少しだけいろんな事を経験していると思う。


しかしですね・・・
玄さんにはかないません!


初日。到着して間髪入れずに港近くへ海水浴に出かけた。Tシャツを脱いだ玄さん。
ボクは思わず「あっ!」と叫んでしまった。なぜって彼は全身アザだらけなのだ!
左肩〜腕、右脇腹、よく顔見ると右瞼と掌に縫合痕もある。とにかく傷だらけなんです。
玄さんはボソボソっとこう言った「少し前に馬に襲われたんです」…は?

またまた〜、そんな冗談を言わないで下さいよ。このご時世に、しかも沖縄で馬なんか。
「いや、それがホントなんです。死ぬかと思いました」と、眼の奥は真剣そのもの。
近所にいるんですって、馬と山羊を飼っている夫婦が。自給自足生活をしているとか。

6月末日。奥さんのお客さんが訪れた時、サービス精神旺盛な玄さんはその馬小屋へ引率した。
酒を呑んで。これがまずかったのだろう。動物はアルコール臭のする人間を確実に格下扱いする。
馬を撫でて水をバケツ3杯飲ませた後、きびすを返し、山羊の方へ歩を進めた。と、その刹那!

いきなり背中を向けた51才を突き飛ばし、あろうことかマウントポジション。
つまり、本物の馬に馬乗りになられたのだ。必死に抵抗するも野生はそんなに甘くない。
お客は慌てて奥さんを呼びに行く。彼女は断末魔の光景を目にすることになるのだ。

玄さんは噛みつかれながらも決死の目潰し攻撃。昭和の悪役レスラーじゃあるまいし(笑)。
叫び声を聞きつけた隣人の男性によって両者(馬)は引き離された。119番。救急車要請。
午後3時。沖縄中部病院に緊急搬送された。そして各部位を縫うオペ、消毒、点滴。


「平馬ちゃんね、沖縄は病院ですら、の〜んびりしてんの」


終わって家に着いたのは深夜2時(!)。その程度の手術なら2時間あれば終われると思うけど。
安静期間は2週間。3人の子供すら寄せつけず、ひとりで寂しく横たわっていたという。

転居してから1ヶ月も経たない頃の大騒動。噂は村の隅々まで一瞬にして広まった。
村人は荒くれ者が多い。漁師率が高いからだ。この方々がまた困った見舞いを連日しに来た。


「そんな傷は大した事はねぇ。馬にとったら甘噛みだぁ!」

「本気であれが怒って興奮していたら内臓を喰われちまうぞ!」


静養中だってのに慰めにもならん。とにかく新参者に対して厳しいのはどこの部落も同じか。
さて、なぜここまで克明に記す事ができたかというと、滞在期間中にノートにつけていたから。
最近ボクは記憶力がガクンと落ちている。しかし肝心なことを記録できていなかった。


馬の名である。


困ったなぁ。名前がわからないと文章にしまりがなくなる。被害者に連絡すればよいのだけど。
なんとか自力記憶を辿ってみよう。帰りのフライトは2時間半。あぁ、まるで思い出せない。
おまけに到着予定時刻を35分も遅れやがった。成田空港からの最終電車は22:32発。

間に合わず。最後にこんなオチがつくとはね。やりやがった「Airasia」め!
とりあえず行けるところまで進んでおこう。京成電鉄のキップ売場に向かって歩く。
電光掲示をチェック。あっ!「23:10上野行き」だって!その横に「お盆特別ダイヤ」とある。

まさにミラクル。こんな事ってあるんだなぁ。んで、再び脳内に電気がビッ!と走ったのだ。


馬の名わかる。


玄米コージに馬乗りになった荒馬の名前は『ボンちゃん』でした。

ボクはまた再び宮城島へ行くだろう。





        ライブ情報        
[東京公演]
遊戯搾りまつり45
~ワンマンLIVE~
高田馬場「四谷天窓」
2019.09.15(sun)
13:30op/13:45st
2000yen+drink

祝!結成15年周年!
え?マジ?確認したら
「結成16年」だとさ。
1年遅れの記念LIVE!

(予約)
h72ogn@gmail.com



 
Copyright(c) pienopieconvert All Rights Reserved.  
since 2003.2.1-2008.
2ndミニアルバム「祭祭祭祭祭」 (GDM1002)発売中!

残り少なくなりました。再プレス予定はありません。お早めに!!

価格=¥1000(税込み)
レーベル=ジャイアント・ディスク・ミュージック
品番=GDM−1002

@アラビアの唄
A(叱咤激励)ドック・オブ・ベイ
B東京音頭
C帰り道
DDjembe急行

全5曲入り!
タワレコ、HMV、ディスクユニオン、新星堂、アマゾン、などで発売決定!

【English(Chicago tour)】
myspaceにアメリカ仕様のサイトを開設しました。
こちらからチェックしてみて下さい。



グッズ・CDの販売始めました。
詳しくは下のリンクのGOODSをチェック!!

【Check it!】
大好評!!毎日更新!!
『日誌パワーステーション』&月イチ更新!!ばく進中!!コラム『唄武者平馬の寄せましょ』
毎日毎月読みましょーっ!!!




|演者紹介| |音源| |写真館| |コラム| |五百字日報| |平馬競馬| |公演予定| |公演履歴|
  |GOODS| |活動履歴| |ご予約| |TOP| |過去日誌|